日本OMC、当サイトは(Broil King)ブロイルキングの日本オフィシャルサイトです
ホーム コンセプト 商品案内 グリルの使い方 レシピ イベント 募集案内 ご意見 お問合わせ サイトマップ

 

パエリア(4−5人分)
    【材 料】

米 4カップ、
コンソメスープ 3カップ、
シーフードミックス300g、
ソーセージ 8本
鶏ひき肉 200g、
トマトソース(市販品でも可) 大さじ4、 
パプリカ(赤・黄) 各1個
にんにく 1かけ、
オリーブオイル 大さじ5、
パセリ 適量、
サフラン 適量、 胡椒
【作り方】
1  炊き上がり4カップの米が入る大きさの”土鍋”を準備します。
2  米を洗い十分水を切り、土鍋に入れます。そこにコンソメスープ、トマトソース、
   サフラン、すりおろしたニンニクをいれ、軽く混ぜ合わせ、米の表面を平らにします。
3  シーフードミックス、薄切りにしたソーセージを均等にトッピングします。
4  親指先程度の大きさにちぎった鶏ひき肉を均等にトッピングします。
5  パプリカをお好みの形に切り、均等にトッピングします。
6  オリーブオイルとパセリを全体にふりかけ、胡椒で風味付けします。
7  ”土鍋”に蓋をかぶせ、20−30分待ちます。
8  ”土鍋”(蓋をしたまま)をガスグリルに入れ、200℃で40分強程度加熱したら
   出来上がりです。途中で混ぜたり、具材を炒めたりする必要はありません。

   同じ要領で、茸の炊込ごはん、牡蠣めし、山菜ごはん、などができます。
   お米と水分の量を同じにするのがポイントです。昔なつかしい”カマド風”ごはんが
   楽しめます。

 

BBQステーキ (4人分)
    【材 料】

牛もも肉(オージービーフでOKです) 600g、 
バルサミコ酢(無ければ黒酢) 50cc
ニンニク 2かけ、
ブランデー 50cc、
ウスターソース 50cc、
粒黒胡椒 20粒 
月桂樹の葉 2−3枚、
オリーブオイル(無ければサラダ油) 100cc、 塩
【作り方】
1  牛もも肉は厚さ1cm程度に切ったものを使います。包丁で肉の両面の筋切りを
   します。(包丁の先端でトントンと小さな切り目を入れることです。)
2  大き目のポリ袋に牛肉を入れ、バルサミコ酢、すりおろしたニンニク、ブランデー、
   ウスターソース、粒黒胡椒、月桂樹の葉、をすべて入れて、ポリ袋の中でもみ
   込みます。(破れないように注意して下さい。ポリ袋を二重にすると安全です。)
3  牛肉の全体(両面)にまんべんなくマリネ液をつけることが大切です。
4  ポリ袋の空気を抜いて袋の口を止めてから、冷蔵庫で最低2時間ねかせます。
5  グリル(BBQ)を始める1時間前に、冷蔵庫から肉を取り出して、常温にもどします。
6  ガスグリルの予熱を行い、庫内温度を300℃にします。
7  マリネ液をポリ袋から捨てます。(袋の口から流しだせばOKです。)
8  肉が入っているポリ袋にオリーブオイルを入れ、全体にもみ込みます。
9  ガスグリルの出力は最強で調理します。肉の全量を焼網(グリッド)に均等に
   置き、すぐグリルの上蓋を閉めて、約3−4分片面を焼きます。その後、
   すべての肉を裏返しにし、上蓋を閉めて2−3分で出来上がりです。

 

野菜のグリル (4人分)
    【材 料】

玉ネギ 中4個、
ジャガイモ 小12個、
セロリ 4本、
アスパラガス 8本
バルサミコ酢(無ければ黒酢) 100cc、
オリーブオイル(サラダ油でも可) 100cc
黒胡椒、 塩
【作り方】
1  玉ネギは皮をむき縦切にし2つに割ります。ジャガイモはよく水洗いして皮を
   つけたまま調理します。セロリは長さをそろえて2等分に切ります。アスパラガスは
   ハカマを落とし切らずにそのままの長さで調理します。
2  大き目のバット(無ければ大きめの鍋)にすべての材料をならべ、塩・黒胡椒を
   多めにし、しばらくしてからバルサミコ酢とオリーブオイル全量を全体に均等に
   ふりかけます。(この下準備はグリルする1時間前にします。)
3  グリルするまでの1時間の間に、何回か材料の上下を入れ替え、マリネ液を
   野菜に染み込ませます。
4  玉ネギを4ピースづつ金串で側面から刺します。ジャガイモも金串で6個づつ刺し
   ます。セロリとアスパラガスはそのまま焼きます。
5  250℃以上に予熱しているガスグリルに、ジャガイモ串と玉ネギ串を入れたら
グリルの上蓋を閉め約10分加熱します。10分たったらこれらを裏返し、ここで
   セロリとアスパラガスを一度に入れ上蓋を閉じて3−4分加熱した後、セロリと
   アスパラガスを裏返し、さらに3−4分加熱すればすべての材料がほぼ同時に
   出来上がります。

 

ホットドックYVR風 (4人分)
    【材 料】

ロールパン 12個、
ポークウインナーソーセージ 12本、
玉ネギ 中2個、 
トマトソース(市販品でも可) 100g、
メープルシロップ(無ければ蜂蜜) 大さじ4
オリーブオイル 60cc、
チリパウダー(無ければ粉パプリカ) 大さじ 1、
塩・胡椒
【作り方】
1  ロールパンは側面から切り目を入れます。(切り離さないで下さい。)
2  玉ネギをみじん切り(あまり細かくしなくてもOK)にしておきます。
3  片手鍋かフライパンにオリーブオイルと玉ネギを入れ軽く炒め、塩・胡椒します。
4  玉ネギが少ししんなりしたら、トマトソース、メープルシロップ、チリパウダーを
   加えさらに炒めます。(トマトソース+メープルシロップのかわりにトマトケチャップ
   で代用してもOKです。また、辛さが気になる方は粉パプリカを使って下さい。)
5  ポークウインナーソーセージ12本に側面から金串を2本刺し、ソーセージの
   大串を作ります。
6  ソーセージの表面に軽くオリーブオイルを塗り、250℃に予熱されているガス
   グリルにソーセージの大串を入れ上蓋をし4−5分加熱します。片面にきれいな
   焼目がついたら裏返し、ここでロールパンの切り目を入れた面を下向きにして
   焼網(グリッド)に並べ2−3分グリルします。(焼きすぎに注意して下さい。)
7  焼きあがったロールパンの焼目がついた面(切込みを入れた面)を上にして
   大皿に並べ、グリルしたソーセージと玉ネギソースをはさめば出来上がりです。

 


ローストポーク
    【材 料】

肩ロースまたはリブロース。
ハーブソルト、ローズマリー、オレガノ
【作り方】
豚肉のかたまりを真ん中に包丁で切れ目を入れ、さらに両方のかたまりに切れ目を
入れる。縦に3本の切れ目を入れることになる。
それぞれの切れ目をひらきハーブソルトとローズマリー、オレガノをまんべんなくすりこむ。
肉のかたまりを成型しながらタコ糸でしばる。
しばった後に表面にもハーブソルト、ローズマリー、オレガノをすりこむ。
ローストラックを使用し(使用しない場合は、グリッドの下に水を入れたバットを敷く)
250℃前後でじっくり焼き上げる。(時間は豚肉の大きさにより変わる)
バットの水が蒸発していまわないように注意する。
豚肉の表面には、適度にオリーブオイルをスプレーでふりかける。
仕上がりは豚肉の中心温度が70℃以上になればよい。

 


ローストビーフ 黒胡椒風味
    【材 料】

・ もも肉またはサーロイン
・ 黒胡椒(あらびき)
・ 塩(中粒)
・ 月桂樹のパウダー(粉体)
【作り方】
ビーフは切れ目を入れません。黒胡椒、塩、粉末月桂樹を、たこ糸で全体を縛ったビーフ
の表面にまんべんなくしっかりとすり込みます。少なくとも1時間は冷蔵庫でねかせます。
ここで表面にオリーブオイルをぬります。(ポリ袋に入れていつものように袋の中で表面に
オイルをまぶします。)あとの要領はポークと同じですが、仕上がりのタイミングはビーフの
中心温度が60℃になれば焼きは終了です。

 

ビーフステーキ
    ポイント:
軽く塩胡椒(ミルで挽く)し、表面にオイルスプレーでオリーブオイルを付着 させる。
300℃以上の高温にグリッドを十分温めてきちんとしたグリルマーク を付ける。
350℃以上に加熱し、一旦そのバーナーをOFFにし、素早く肉を 並べて置いて、再度素早くバーナーを全開にする方法がやりやすい。
片面5−6分グリルするのが目安。
(そっとトングで持ち上げて確認する。)
【作り方】
・ 使用する肉は、 フィレ。
・ ソースは、イタリアンパセリ(無ければ普通のパセリ)のみじん切り、やや荒い粒径に
挽いた塩胡椒、これらを肉の上に振りまきエクストラバージンオリーブオイルを軽く 肉の上に回しかける。


ポークスペアリブ
    ポイント:
一度ボイルしたものを使用する 十分な量の水(スペアリ一本に1リットル)を沸騰させ、その中に 調理する分のスペアリブを入れる。
3−4分ボイルしたら素早く取り出す。
それらを下述のマリネ液に20分くらい漬けてから、ビーフステーキと同様に グリルする。
【作り方】
・ マリネ液は、バルサミコ酢、オリーブオイル、塩胡椒、ウスターソース、にんにく、
ローズマリー、醤油(香り付けのため、ウスターソースの1/4量程度が目安)、
蜂蜜(30−40グラム、先日使って残った量の半分くらい)、ラム酒(50cc)。
・ きれいな焼色を付けるために、2−3回ハケでマリネ液をスペアリブ表面に塗る。
・ 盛り付けには、ローズマリーを数束添える。


ポークチョップ(骨付きポークのグリル)
    ポイント:
ビーフステーキとどうようの焼き方。ただし、油が多く炎上する可能性が 高いので 水スプレー を準備し、フレアアップした時は水をスプレーし炎を 消しながらグリルする。
(きれいにし仕上げるため)
【作り方】
・ マリネは、当社のハーブソルト、レッドワインビネガー、オリーブオイル。

 

ホーム | コンセプト商品案内グリルの使い方レシピイベント募集案内ご意見お問合わせサイトマップリンク集BBQソルト&スパイス会社概要

Copyright (C)2008 NIHON OMC LLC All Rights Reserved.